昨年くらいから「飲む点滴」と呼ばれて大ブームを巻き起こしている甘酒。

 
なごころ化粧品の看板商品「白玉りっち」同様
酵母や麴菌の発酵代謝物を含み、アミノ酸やミネラル、ビタミン類などが
たっぷりふくまれているという夢のような飲み物らしいのです!
 
が、小さい時に飲んでイマイチ。。。
だったうえに、1歳年下の弟が高校生の時になぜか
自家製の甘酒作りにはまって、こたつの中で甘酒を大量製造。
 
こたつ入れないじゃんか!!!
 
と、時代先取りしすぎの弟と大喧嘩をしたという、
微妙な思い出しかなく、今までスルーし続けていました。
 
そんななか、近所のスーパーが「甘酒ミュージアム」という
イベントコーナーで20種類くらいの甘酒を販売していたこと。
たまたま見たカンブリア宮殿で甘酒の特集をしていたことをきっかけに、
 
まあ一度飲んでみようかしら。
 
思い、甘酒に挑戦してみる事にしました!
 
 

スポンサーリンク

 買ってきました甘酒を!

IMG_5763
まあ一度飲んでみようかしら。
とかいいながら、美味しいのを探してやろう!という
やる気みなぎる買いっぷり。
 
こだわりの的な大きい瓶のものとかもありましたが、
(美味しいかどうかわからないので)
基本1回飲みきりの量で値段も100〜200円位の
手軽なものを5つチョイスいたしました。
  
 

森永 甘酒

 IMG_5804IMG_5805
 
甘さ    ★★★☆☆
飲みやすさ ★★☆☆☆
 
 
原材料は砂糖、酒粕、米麹、食塩、酸味料
一口飲むと、ちょっと酸っぱくて、ほんのりお酒の味がする、
イメージ通りの甘酒でした。
普通に美味しいですが、これだけ飲むと、なんでこれがブーム?
と思わずにはいられない、フツーの甘酒の味。
 
缶という形態だけに、若干とろっとして、麹は少なめ。
 
子供には無理かな〜。
 
IMG_5810
 
  
 

森永 吟醸甘酒

 IMG_5802IMG_5806
 
甘さ    ★★★☆☆
飲みやすさ ★★☆☆☆
 
原材料は砂糖、米麹、酒粕、食塩、酸味料
こちら、森永の期間限定商品で、魚沼産コシヒカリの米麹と吟醸酒粕という
こだわりの材料を使って作ったものです。
 
こちらもイメージ通りの甘酒ですが、甘みと酸味がマイルド。
 
少しつぶつぶも多めです。
 
こちらもお酒っぽいので子供には無理かな〜。
 
 
IMG_5811
 
 
 
 

マルコメ 米麹からつくった甘酒

 IMG_5803IMG_5807
 
甘さ    ★★★☆☆
飲みやすさ ★★★★☆
 
原材料は米、米麹、食塩
こちら砂糖無添加の商品で酒粕も使っていないアルコール0%の商品です。
 
蓋をあけると、まず、だんごを焼いているような
みたらしだんごのような香ばしい香りがしました。
粒々はほとんどなく少し褐色がかった液体自体はとてもさらっとしています。
 
そして、砂糖不使用なのに飲んでみると、しっかりと甘い。
みたらしだんごのような味で
クセが少なくてとても飲みやすかったです。
 
 
IMG_5812
 
 
 

味ひろ 飲む麹 甘酒

IMG_5801IMG_5808
 
甘さ    ★★★★☆
飲みやすさ ★★★★☆
 
原材料は米、米麹、酸化防止剤
こちらも砂糖無添加の商品で酒粕も使っていない
アルコール0%の商品です。
 
蓋をあけるとみたらしだんご?燻製のような
とっても香ばしい香りがします。
 
甘さは少し強め。
 
こちらはお米の香ばしい味がしつつ、甘くて美味しい
酸味もありますが、酒粕で作った甘酒のような酸味ではなく、
甘い大根おろしのような、とってもフルーティーで爽やかな味。
 
これは朝飲むのにぴったりだな。と思いました。
 
IMG_5813
 
 
 

会津天宝 伝承会津 あまざけ

 IMG_5800IMG_5809
 
甘さ    ★★★★★
飲みやすさ ★★★★★
 
原材料は米、米こうじ
こちらも砂糖無添加の商品で酒粕も使っていない
米と米麹のみで作ったアルコール0%の商品です。
 
この商品、飲んで一番びっくりしたのはものすごく甘いこと!
思わず原材料名の項目を2度見してしまうくら位の甘さ。 
お米をよく噛んだら甘くなる。とかほんのりと優しい甘さ。
とかでなく本当にしっかりと甘いです!
 
液の部分はさらっとしていますがこうじたっぷり。

甘酒を飲むというよりもぜんざいを食べているくらいの感覚で

とても飲みごたえ(っていうか食べ応え)があります。
 
香ばしさ、酸味などのクセがしっかりありながらも抑えめで、
お団子系の和菓子大好きな人は絶対好きだと思います。
 
私は、お味噌も麹たっぷりのものを選ぶくらい麹好きなので、
これはものすごく気に入りました。
 
IMG_5814
 
 
 
 
以上です!
 
今回、久々に甘酒を飲んでみましたが、
酒粕から作ったものはとても飲みやすく、
麹から作っているものは私が知っている甘酒とは
全然違うものでびっくりしました。
 
アルコールの入っていないものは子供のおやつとしても
成立してしまいそうなくらい甘くて美味しい。
しかも毎日飲むことで美肌を作りだすとのことで、
ブームになるのもわかる気がします。
 
ただ。
 
どれも基本「甘い」ので、甘いものが苦手だったり
同じ味のものを毎日摂るのが苦手。という方には厳しいかも。
 
かくいう私も、美味しいとはいえ毎日これを必ず飲む。
となるとちょっとハードル高いかな〜。と思いましたが
昨今のブームでスーパーにはいろんな発酵食品が並んでいるので
酒粕や甘酒などを上手く生活の中に取り入れていきたいな〜。
 
と、思いました。
 
 
 
 
 

酒粕の美容成分が入った桜と七草のお水のクリーム 白玉りっち

冒頭でちらっと触れた「白玉りっち」。
甘酒に含まれている酵母や麴菌の発酵代謝物を含み、
アミノ酸やミネラル、ビタミン類などはもちろん

他の上質な美容成分がぎっしり詰め込まれている
オールインワンクリームです。
 
肌にすっとなじむ使い心地がとても気持ち良く、
塗った瞬間からふっくらもっちり感を感じる即効性。
使うたびに肌の艶やかさが増してくるので使い続けるのが
とても楽しみになる商品です。
 
酒粕の美肌効果は気になるけど甘酒を毎日飲むのはちょっと。。。
という方は是非お試しになってみてくださいね!
 
と、ちょっとなごころ化粧品スタッフ的に宣伝でした。
 

img_1591

容量&価格:25g 2,052円(税込) 50g 4,104円(税込)
【ハリ肌をもたらす上質な美容成分】 ●八重桜の花から抽出した桜ポリフェノール
京都の無農薬・有機栽培された酒粕発酵液 ●国産のとらふぐ由来の純度が高い3種のコラーゲン
 ●無水ヒアルロン酸 ●アミノ酸が豊富な高圧抽出プラセンタエキス ●玉造温泉水
販売元:なごころ化粧品(株式会社グリーン・フロージョン) 全成分:水、グリセリン、BG、スクワラン、ペンチレングリコール、温泉水、サトザクラ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ヨモギ葉エキス、ドクダミエキス、アシタバ葉/茎エキス、ゲットウ草油、ホホバ種子油、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、酒粕エキス、ワサビ葉エキス、ダイズイソフラボン、プラセンタエキス、ローヤルゼリーエキス、ヒアルロン酸Na、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6ll、アルギニン、ジメチルシリル化シリカ、デキストリン、加水分解水添デンプン、パルミチン酸エチルヘキシル、リンゴ酸、アスコルビン酸、グリセリルグルコシド、カミツレ花エキス、アーチチョーク葉エキス、ヘチマエキス、オクラ果実エキス、モモ果実エキス、ポリソルベート80、レシチン、ダイズステロール、塩化Na、エタノール、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、カルボマー、水添レシチン、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、フェノキシエタノール

25gサイズのご購入はこちらからgokounyuu

50gサイズのご購入はこちらからgokounyuu

年齢を重ねると、なんでハリ不足になるの・・・・・?肌のハリを失うと、どうしても見た年齢が老けてみられがちになってしまいます。お肌のハリを保っているのは、コラーゲンやエラスチンといった繊維状のたんぱく質。これらが網目のようにバランスよく張り巡らされており、真皮層にピンとハリめぐっていることで、弾力ある肌が維持されます。しかし25歳を超えるくらいから、コラーゲンやエラスチンの弾力は失われていきます。それが真皮層の表皮を支えるのが難しくなっていって、肌はだんだんとハリを失っていってしまいます。 肌の真皮層でハリを支える3つの成分・・・・・・・①コラーゲン:体内にあるコラーゲンのうち、その多くは皮膚に存在する繊維状のタンパク質。②エラスチン:真皮に存在する繊維質のタンパク質です。コラーゲンの繊維同士を繋ぐ橋的な役割を持っています。③ヒアルロン酸:真皮に多く含まれおり、水分量をコントロールする働きをもっています。このヒアルロン酸が不足してしまうと水分が簡単に蒸発していってしまいます。 重要なコラーゲン・・・・・・・ヒトの肌に存在するコラーゲンは、肌を支える土台であり、柱の役目をしています。コラーゲンは肌のタンパク質の70%、特に真皮層においては繊維成分の90%以上を占める、人間にとって非常に大切なタンパク質です。コラーゲンは、タンパク質の中でも特殊な構造をしていて、3本のポリペプチド鎖(アミノ酸が結合したもの)が、らせん状に絡まっています。さらに、コラーゲン特有のアミノ酸である、ヒドロキシプロリンが、らせん構造の強度をアップさせています。このような強固な構造を持ったコラーゲンが皮膚を支えることで、肌のハリが保たれるのです。しかし、10代後半をピークに加齢とともにコラーゲン量は減少し、質も悪くなるため、常に新しい良質のコラーゲンを補給し、新陳代謝を活発にしてあげることが大切です。 ハリ不足には、紫外線・日焼けに注意!

 

にほんブログ村 美容ブログ 化粧品メーカー・コスメブランドへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+