石鹸で洗髪・頭皮を洗うには。

石鹸で髪の毛を洗えますか?と質問を受けます。

実はワタクシメ、創業してからずっと塩石鹸で洗髪しております。

石鹸や石鹸シャンプーで髪の毛を洗うといいという話があると思います。

石鹸で洗うと、頭皮環境も整ってきます。

しかし慣れるまではキシミなど本当に大変なので、あまり積極的にはおススメしていません。

 

今回は石鹸シャンプーを長年販売しているサポー滝沢さんに石鹸や石鹸シャンプーで髪の毛を洗う時のポイントをご紹介していただきました。

 

石鹸で髪を洗うと、頭皮環境を整えてくれます。頭皮環境が整ってくると、健康的な髪の毛が生まれてきます。

でも、いままで通常のシャンプーを使っていた方がいきなり変えるといろいろと髪がキシキシして大変なことも起こってきます。

長い髪の方より短髪の方のほうが入りやすいです。

石鹸で洗髪・頭皮を洗うポイント①
初回は何回も泡立てて洗いましょう。

頭皮に汚れが溜まっていると、最初は石鹸や石鹸シャンプーで洗うと泡が立ちにくかったり、すぐに泡がクタッとなってしまいます。

(ならなかったあなたはいい頭皮環境ですよ)

はじめて使うときは、石鹸を泡立てて消えたら洗い流す。また石鹸を泡立てて消えたら洗い流すという作業を数回繰り返します。

翌日も同じように洗います。前日より泡立ちがよくなったと感じたらそれで終了。

個人差はありますが、1週間前後で1回でよく泡がたつようになってくると思います。

その後はもちろん1回泡立てて洗い流すで大丈夫です。

石鹸で洗髪・頭皮を洗うポイント②
石鹸用の酸性リンスを使用しましょう。

石鹸で洗髪したら、通常のリンスではなく、石鹸シャンプー用の酸性のリンス、またはお酢やレモン汁、クエン酸を使いましょう。

通常のリンスは髪の毛の保護やコーティングが目的です。

一方石鹸シャンプー用のリンスは髪の毛を中和することが目的です。

石鹸で洗った髪の毛はアルカリに傾きます。アルカリに傾くとキューティクルが開くので、閉じるために酸性のリンスで戻すんです。

石鹸で洗髪・頭皮を洗うポイント③
キシミがつらいようなら、ヘアオイルなどを使いましょう。

髪の毛がキシンで大変な時はヘアオイルを使いましょう。おススメは椿油・ホホバ油・スクラワンなどです。

ヘアーオイルを使用すると、ちょっとベトつくという方はつけ方を工夫してみましょう。

1:手のひらにオイルを適量のせます。

2:指の間までオイルをしっかり馴染ませます。

3:オイルがついた指と手のひらで髪の毛の後ろから前へかきあげるようにしてつけていきます。

そんな感じで慣れていくと、オイルも必要がないくらいになってきます。

 

 

石鹸シャンプーを使って慣れるまでには、時間がかかります。

それは、半年から人によっては1年以上かかることもあります。

それは、石鹸で頭皮環境を整うまでの時間、そして整った後から生えてくる髪の毛に元から毛先までずべて切り替わるまでに時間がかかってしまうからです。

そのため、短髪の方は案外慣れるまでに時間がかからないなんて方もいらっしゃるそうです。

その間に人によってはカユミやフケも出てきてしまう方もいらっしゃると思います。

なので、個人的にはおススメはあまりしません。

いや、頭皮環境を健康に保つには、石鹸で髪の毛を洗うのは本当にいいことだと思います。

思いますが、慣れるまでは大変です。また、その時間も長くかかるからです。

ただ、本気で頭皮環境を整えたい方は大変ですが、トライする価値はあると思います。