こんにちは。 なごころスタッフの若林です。 先日酒屋さんで濃厚保湿のオールインワンクリーム白玉りっちに配合されていて、 美容成分として使われている「酒粕」を発見しました。

img_4663

なごころ化粧品スタッフ的にはまずは酒粕パックを試してみるべきところ なのですが、食欲の秋が勝ってしまい鶏胸の酒粕漬けと粕汁を作って 酒粕づくしを満喫してしまいましたが。。。

まだまだたっぷり残っている酒粕を使って、 「満を持して」酒粕パックを試してみました。

酒粕は、豊富なアミノ酸やビタミン、高い保湿成分、美白成分、抗酸化成分などが たっぷりと含まれているまさに美肌の宝庫! 期待が高まります。 準備するものは酒粕40gとお水80ccほど。

img_4783

本当は精製水がいいみたいですが、私はペットボトルの水を使いました。 ①酒粕と水を混ぜます。  最初からペースト状の酒粕の場合はジップロックに入れて揉み揉みで良さそうですが  私のは麹もたっぷり入っているのでミキサーに入れてグワーッと攪拌します。

img_4784 img_4786 img_47888

②しっかり水と混ざり合った酒粕を洗顔した後の清潔な顔に塗り10分程放置。 ③乾く前に水で洗い流して終了。 が基本のやり方です。 これをベースにして、保湿を強化したければはちみつや米ぬか、豆乳などを 混ぜてもOKだそうです。お料理でみたいでおもしろいですね。

早速酒粕パックを顔と手の甲で試してみました

冷たいお水で作ったので肌に塗った時はひんやり。

img_4792

刺激がないか心配していましたが、 ピリピリしたりすることはありませんでした。 アルコールの匂いは結構すごくて、部屋中に酒粕の匂いが広がります。

さすがにちょっと窓を開けました。

暖房が効いている部屋だとかなり匂いが広がりそうなので換気をしっかりした 風呂場や洗面所でするのがよさそうですが、パック時間は10分位なので 冷暖房が必要な気候の時は厳しいかもしれません。

そんなこんなしているうちに10分が経過しました。

ちょっと乾燥しかけている酒粕をやさしく洗い流します。 パックをし終わった後の肌は、、、 ★見た目 パックの前より全体的に透明感が増しているような気がします。

肌が白くなったというより肌のキメが整ってくすみが消えたような感じです。

★触り心地 肌表面に若干のざらつきを感じていたのですが、ツルツルと滑らかになっています。

もっちりと指の腹に肌が吸い付いてきてしっかりと保湿されていることがわかります。

肌がふっくらしているのでツヤも出ています。

肌のコンディションが良くなっていて大満足の結果です。

ちなみに、1回分は先ほど作ったペーストの1/6くらいしか使わなかったので、 多分材料費は数十円、というところでしょうか? ただ、、、、 匂いが結構強烈なのでパックをやる場所を選ぶし(リビングでやったら多分家族からブーイングが起きそう)、 洗い流す時に洗面所の排水溝に酒粕がつまりそう心配。

準備やなんやで結構時間がかかるし、体調によってはアルコールの刺激による お肌への負担もきになるのであまりこまめにやるのはちょっと難しいかな。と思います。

もっと手軽に。でもしっかりと酒粕の美容効果を毎日の生活リズムに 取り込みたい!という場合は、毎日のケアに「白玉りっち」を使いつつ 週末や時間のある時に酒粕パックで集中ケアというのが現実的かも★

img_4808

白玉りっちには上質な酒粕エキスの他に、厳選されたハイクラスの保湿成分、 桜草エキスなども処方されている化粧水、乳液、クリームの役割を果たす とっても優秀なオールインワンジェルです。 肌のもっちり感やハリ感。透明感なども期待できるすぐれものですよ。 (最後にちゃっかり宣伝です)

酒粕の美容成分が入った桜と七草のお水のクリーム 白玉りっち

img_1591

容量&価格:25g 2,052円(税込) 50g 4,104円(税込) 【ハリ肌をもたらす上質な美容成分】 ●八重桜の花から抽出した桜ポリフェノール ●京都の無農薬・有機栽培された酒粕発酵液 ●国産のとらふぐ由来の純度が高い3種のコラーゲン ●無水ヒアルロン酸 ●アミノ酸が豊富な高圧抽出プラセンタエキス ●玉造温泉水 販売元:なごころ化粧品(株式会社グリーン・フロージョン) 全成分:水、グリセリン、BG、スクワラン、ペンチレングリコール、温泉水、サトザクラ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ヨモギ葉エキス、ドクダミエキス、アシタバ葉/茎エキス、ゲットウ草油、ホホバ種子油、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、酒粕エキス、ワサビ葉エキス、ダイズイソフラボン、プラセンタエキス、ローヤルゼリーエキス、ヒアルロン酸Na、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6ll、アルギニン、ジメチルシリル化シリカ、デキストリン、加水分解水添デンプン、パルミチン酸エチルヘキシル、リンゴ酸、アスコルビン酸、グリセリルグルコシド、カミツレ花エキス、アーチチョーク葉エキス、ヘチマエキス、オクラ果実エキス、モモ果実エキス、ポリソルベート80、レシチン、ダイズステロール、塩化Na、エタノール、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、カルボマー、水添レシチン、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、フェノキシエタノール

25gサイズのご購入はこちらから

gokounyuu

50gサイズのご購入はこちらから

gokounyuu

年齢を重ねると、なんでハリ不足になるの・・・・・?肌のハリを失うと、どうしても見た年齢が老けてみられがちになってしまいます。お肌のハリを保っているのは、コラーゲンやエラスチンといった繊維状のたんぱく質。これらが網目のようにバランスよく張り巡らされており、真皮層にピンとハリめぐっていることで、弾力ある肌が維持されます。しかし25歳を超えるくらいから、コラーゲンやエラスチンの弾力は失われていきます。それが真皮層の表皮を支えるのが難しくなっていって、肌はだんだんとハリを失っていってしまいます。 肌の真皮層でハリを支える3つの成分・・・・・・・①コラーゲン:体内にあるコラーゲンのうち、その多くは皮膚に存在する繊維状のタンパク質。②エラスチン:真皮に存在する繊維質のタンパク質です。コラーゲンの繊維同士を繋ぐ橋的な役割を持っています。③ヒアルロン酸:真皮に多く含まれおり、水分量をコントロールする働きをもっています。このヒアルロン酸が不足してしまうと水分が簡単に蒸発していってしまいます。 重要なコラーゲン・・・・・・・ヒトの肌に存在するコラーゲンは、肌を支える土台であり、柱の役目をしています。コラーゲンは肌のタンパク質の70%、特に真皮層においては繊維成分の90%以上を占める、人間にとって非常に大切なタンパク質です。コラーゲンは、タンパク質の中でも特殊な構造をしていて、3本のポリペプチド鎖(アミノ酸が結合したもの)が、らせん状に絡まっています。さらに、コラーゲン特有のアミノ酸である、ヒドロキシプロリンが、らせん構造の強度をアップさせています。このような強固な構造を持ったコラーゲンが皮膚を支えることで、肌のハリが保たれるのです。しかし、10代後半をピークに加齢とともにコラーゲン量は減少し、質も悪くなるため、常に新しい良質のコラーゲンを補給し、新陳代謝を活発にしてあげることが大切です。 ハリ不足には、紫外線・日焼けに注意!

にほんブログ村 美容ブログ 化粧品メーカー・コスメブランドへ にほんブログ村