こんにちは。 なごころスタッフの若林です。 先日社長から「日本人ならたまらない。漁師飯」を頂きました。

IMG_4976

なんですかこれ?と聞くと、 小岩ナチュラルさんのオリジナルふりかけで、 鰹節、昆布、焼き海苔、白ごま、醸造酢、めかぶ、あおさを 独自の配合で混ぜ合わせて作ったもの。

あまりの美味しさにテレビで紹介されたりいろんな場所で 取り扱われている人気商品だそうです。 原材料的に間違いのなさそうなものなので、健康にいいんだろうな~。 でも自然素材だけって、味はどうかな~。家族の反応はどうかな~。 と思いながら、その日の食卓に「日本人ならたまらない。」を出してみました。

家族の反応が良い!しかもびっくりするほど 5歳児の食いつきが凄かった!

旦那も子供も魚は切り身より干物やムニエルだったり、 野菜お浸しみたいな素材の味が前面に出ているものは苦手。 むしろハンバーグやスパゲッティが好き。 という感じなので、私一人で食べることになるんだろうな~。 とか思っていたのですが、食卓にこの商品を出した瞬間に、 旦那も子供もご飯にのせて~~。と言ってきたので正直驚きました。

IMG_5008

特に旦那は「ふりかけ」とか絶対かけない人なのに。。。  なんで載せたいって思ったの。と二人に聞いたら、 「なんだか美味しそうだったから」とのこと。 なんじゃそりゃ。 でもそのネーミング通り、その美味しそうな見た目に 日本人としてのDNAが騒いでしまったみたいです。 そして、食べてみると、美味しい美味しいと大絶賛。

調味料の記載はないので(強いて言うなら醸造酢)素材感が凄いけど味は薄いんだろうな~。 と思っていたのですが、スーパーで売っているようなのふりかけよりは圧倒的に味が薄く、 でも素材素材の味がしっかりわかるのでご飯のお供にピッタリな濃さ。

だから、入ってるかつお節のちっちゃい切れっぱしを口に入れても鰹の味がちゃんとします。 新米の美味しさも相まって、娘は毎日ご飯いっぱい入れてね!あ~、日本人だからたまらない! と、喜んで食べているし、旦那も喜んで食べているのでちょっとびっくり。

9月に炊飯器が壊れて以降、ご飯は1合炊きの土鍋で炊いていて 1日1回炊けば十分だったのに、これはちょっとやばいです。

私の食べ物トラウマも吹き飛ばす美味しさの 「日本人ならたまらない。漁師飯」

私、実はかつお節が好きじゃありません。 実家 富山では「とろろ昆布」をよく食べるのですが、小さい頃に、 あのふわーっと口の中で溶けるイメージでとろろ昆布だと食べたら 実はかつお節で口の中がモサモサに。。。 という勘違い食べ物トラウマのせいです。

この勘違い食べ物トラウマ。 「冷蔵庫で麦茶と思って飲んだらめんつゆだった。」 みたいなのが有名どころですが 「麺だと思って食べたらもやしで焼きそばのもやしが嫌いになった」とか 「プリンだと思って食べたらしょっぱくて茶碗蒸しが嫌いになった」とか 周りで聞いてみるとそれぞれ皆色々あるみたい。

そんなつまらないことで。。。と聞いている分には面白いのですが、 本人からしてみると小さい頃のちょっとした勘違いのせいで 味は美味しいのになぜか嫌いになった食べ物は大人になっても苦手なまま。 というなかなか厄介な現象。

そのため、このかつお節どっさりの「日本人ならたまらない。」は、 かつおの味は好きだけどかつお節が嫌いな私にはちょっと微妙かも。 と思っていたんです。 でも食べてみたら、意外や意外。かつお節、全然OKで超美味しく食べられました。

かつお節なので口の中で溶けることはないのですが、 小さくカットされているので口の中に残りにくく 全然モサモサしないせいだと思います。 家族全員あんまり好きじゃない系だからけっこう残っちゃうかな~。

ご飯にかけるだけじゃなくうどんや豆腐にかけたり 卵焼きの具にしてもいいみたいなので何にアレンジして食べるかな。。。 と思っていましたが、完全に杞憂。 普通に美味しいふりかけとして使って無くなっちゃいそうです。

唯一試したアレンジが納豆に混ぜる。でしたが、これも抜群に美味しいです。 我が家の食卓はカルシウム少なめなので、丁度いいの見つけました。 多分社長にお土産でいただかなかったら絶対に買わなかったと思うので、 あー、、、ご飯が進んで全然痩せないけど、社長サンキュー! の気持ちでいっぱいです。

ナチュラルさんのサイトでは日本人ならたまらない。はもちろん、 佃煮タイプや浅漬けの素、私の大好きなとろろ昆布と 海苔のコラボふりかけなど美味しそうなのがたくさん。 これが無くなったら新しいのにも挑戦してみようと思います♪ 

小岩ナチュラル

自然食品 ナチュラルさんのWEBサイト http://shop.s-natural.jp

にほんブログ村 美容ブログ 化粧品メーカー・コスメブランドへ にほんブログ村