芳醇で濃厚な味と香りが広がる醤油ラーメン。新しさと懐かしさが同居する絶品の一杯~赤羽ミライゑさん~

ミライゑお店外観

noodle kitchen ミライゑ
 〒115-0042 東京都北区志茂2-59-20 USビル1F
 tel:03-5939-7380
 営業時間
 11:00~15:00・17:00〜22:00
 土日祝11:00~22:00
 不定休
 HP: http://miraie-tokyo.com

祝日の北本通りは歩いている人はほとんどいない。

そんな祝日の13時過ぎなのに、席は満杯。行列ができるラーメン屋さんというと、男性客でいっぱいなイメージをもたれる方がいらっしゃると思いますが、ミライゑさんのお客さんの顔ぶれは多種多彩。

もちろん男性客もいますが、子供連れのご家族や女性客も多いんです。

お店の外観やL字型のカウンターのみの店内は小洒落たバー?と思わせる。女性に好かれる雰囲気、そして、お子様連れには、お子様用の椅子テーブルを用意してくれます。

今はメディアやラーメンイベントに出店されて有名になってきていますが、ワタクシめがミライゑさんを知ったのは、開店されてまだ間もない頃だったと思います。

なごころ化粧品をお取扱いいただいている自然食品店の店長さんが教えてくれました。

なんでもミライゑさんが出店されていた場所は、これまでもいくつかラーメン屋さんかなにかがお店を出しては撤退されていた場所なんだそう。

でも自然食品店の店長いわく「今度のミライゑは違うぞ」と自信満々に話をしてくれました。というか、ナチュラルフードにこだわる自然食品店さんがなぜラーメンをすすめるの?と思いましたが笑「年齢を重ねた自分でも本当に美味しいし、もたれないんだよ」と教えてくれました。

そんなんで興味がわいて訪れたのがミライゑさんだったのです。 僕もはまりました。定期的に恋しくなるラーメンで、新しさとなつかしさを感じさせてくれるラーメンなんですね。

芳醇で心地いい醤油味がクッと鼻腔と口の中に広がる ミライゑさんの「TOKYO醤油ラーメン」

ミライゑさんの醤油ラーメン

テーブルの前に置かれると、なんとも芳醇な醤油の薫りが漂ってきます。

心地いい薫りで、食欲が鼻腔からグッと刺激されます。 けっこう濃い醤油色をしていますが、不思議なほどしつこくないんです。

きっと食材も素晴らしいのだろうな~なんて思っています。

店内に置いてあるミライゑマガジンによると、江戸時代より創業している老舗の宮醤油さんの醤油を使用しているそうなんです。

醤油品評会では何度も入賞していて、天然醸造方式で造られる宮醤油さんの醤油は大変希少。

でも味はしっかり濃厚な醤油味。

でも、しつこさがない。

このあたりが本当に女性やお子さんにもおススメできます。

麺は歯ごたえがあって、濃厚な醤油のスープによく絡んで、 そして、さっぱりしたネギが口の中でいいアクセントになります。

本当に美味な一杯です!   ミライゑさんの醤油ラーメンは、クセになります。

ふと食べたくなって、もうワタクシメ何杯食べた事でしょうか(笑)  

とろとろと濃厚な旨みがズシリと充満していく幸せが噛み締められます! ミライゑさんの牛煮込みまぜそば

ミライゑさんの牛煮込みまぜそば

ミライゑさんをラーメン屋さんとカテゴライズしていいのか分からなくなる逸品です。

歯ごたえのある麺に、国産常陸牛を使用したとろっとろの牛すじ。

 

そこにタマゴを絡ませながら食べると、濃厚な味わいと旨み感がジュワ~っと口の中全体に広がっていきます。

ミライゑさんの牛煮込みまぜそばにあわせる3種のスパイス

タバスコやパルメザンチーズはお好みで。

美味の一言。食べていると、自分はラーメン屋さんにいるのか?と思ってしまいます(笑)

お店にビールやワインもありますが、正直ものすごく飲みたくなります。 洋食屋さんが出したラーメン?というかその名の通り“まぜそば”っていう感じですかね。

これは、女性に人気なのもうなずけますよ。

TRYラーメン大賞にも入賞されるなど、素晴らしい美味な逸品ですよ。

noodle kitchen ミライゑ
 〒115-0042 東京都北区志茂2-59-20 USビル1F
 tel:03-5939-7380
 営業時間
 11:00~15:00・17:00〜22:00
 土日祝11:00~22:00
 不定休
 HP: http://miraie-tokyo.com

↓ぜひこちらもご一読ください☆

赤羽の小さな化粧品会社が起こした奇跡  

濃厚な塩の泡で毛穴汚れもツルッツル!「はちみつまぶして作ったお塩の石けん」人気です☆☆☆

はちみつまぶして作ったお塩の石けん  

  にほんブログ村 美容ブログ 化粧品メーカー・コスメブランドへ にほんブログ村