なごころ化粧品あれこれ

オールインワンクリームからでるポロポロの正体とは?

オールインワンゲル

誰でも1度は経験している!オールインワンを塗った時のポロポロ


オールインワン化粧品を使っていて、こんな経験ありませんか?

クルクルと馴染ませている内に、手指にポロポロと何かがついてくる。オカシイなぁ・・・と思いつつ、メイクをはじめると、今度はファンデーションがモロモロに・・・

なんてオールインワン化粧品を使用している方なら、一度は経験されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

オールインワンゲルの製造工場で長年たくさんの処方を扱ってきたスキンケアカウンセラーの慶元が、そんなポロポロとでるカスの正体についてお話したいと思います。

ポロポロの正体

洗顔後、お肌にオールインワン化粧品を塗布、伸びのいいクリームだからクルクルとマッサージに使う方もいらっしゃいますね。

指先で、クルクルと美顏マッサージをしているうちに指先に、なんだか丸い物体が絡んでくる・・・。

お顔の皮がはがれてる?強い成分が入っているのではないか?と心配になって使うのを止めてしまったという方もいらっしゃいますが、必ずしもそうではないんです。

ポロポロは、オールインワンゲルの成分が丸まってしまったモノ

実際に、古くなった角質をこすり取ってしまっている場合もあるのですが、一部のオールインワンタイプの化粧品を使ってポロポロとでてくるのは、お肌に浸透せずに残った成分がお顔表面でこすられて丸まってしまったり、自身の古くなった角質や肌上の汚れとくっついて丸まってしまっているだけなので、問題ありません。

ポロポロの原因

こんな状態になる原因はいくつかあります。

原因1:塗りすぎ

1つに沢山の機能や美容成分が配合されているオールインワン化粧品、たくさん塗ればより効果的なのでは?と思う方も多いですよね。

でも、お肌が求めるよりも多くクリームを塗ってしまうと、浸透するのにより時間がかかります。

肌上で、もういらないと浸透できないでいるクリームを手指でこすると、ポロポロと出てきてしまいます。

原因2:界面活性剤不使用による反応

オールインワン化粧品の中には、肌への優しさを考えて、界面活性剤や乳化剤を使用していない商品がいくつかあります。

そういった処方の場合、水と油をゲル状やクリーム状につなぐ為の成分が必要ですから、カルボマー等の成分を使用していることがあります。

この成分は水と油を上手にまとめてくれるのですが、界面活性剤や乳化剤のように1つにはしません。

水性と油性を共存させるからこそ、あのプルプルとした気持ちの良い感触を作り出してくれるのですが、基本的につなぎ合わせている成分は、お肌表面に残りますので、馴染む前や、乾く前に手指でこするとポロポロと丸まってしまいます。

原因3:お肌の優れた機能がなせる技

実はもう一つの要因は、お肌の優れた機能がなせる技なんです。

お肌の表面は、自身から出される、汗や皮脂で薄いベールが張られ、弱酸性に常にキープされています。

このベールのおかげで、外気のチリやほこり、またウィルス等の侵入を防ぎ、私たちの健康を守って入れているわけです。

なんでも浸透させてしまっては、大切な、身体を守る事ができませんから、もちろんスキンケアを行う時も浸透させるもの、浸透させないものと瞬時にわけて、肌は私たちを守ってくれています。

また、処方的にも、「お肌に速やかに浸透してお肌の内側から、美容効果を高めてくれる成分」、そして「お肌の表面に残って外気の乾燥からお肌を守ってくれる成分」という風にスキンケアの効果とその効率を考え処方されています。

このお肌の表面に残って欲しい成分の一部が、馴染む前に指先等の圧力で寄れるとポロポロと巻き取られてしまうのです。

ポロポロを上手に回避する対策

お肌にしっかりと馴染んだ後ではポロポロは出にくく気にならなくなると思いますが、外気温、自身の肌呼吸、浸透力の状態によってポロポロの出やすさは左右されたりもします。

・汗がでてきてしまった
・ターンオーバーのタイミングで古くなった角質が肌表面に出ている時だった
・浸透中に指で圧力をかけてしまった
・乾ききる前にファンデーションを乗せてしまった。

等、ポロポロが出てしまうタイミングはいくつかあります。

これらを上手に回避するためには、まず、以下3つの事に注意しておくことをおすすめします。

1:室内の温度

まず、暑い環境下ですと、お肌は汗を出そうとします。

この環境下で、クルクルとマッサージをしてしまいますと、お肌になかなか浸透せず、肌表面で残りやすくなりポロポロと出やすい環境となってしまいます。

室内の温度を適温にし、お顔から汗が引いている状態で使うと馴染みやすいです。

2:使用量

適量を守りましょう。

量が少なすぎると、肌は浸透したいのに、クリームがもう肌上に残っていない。そこに指でクルクルと圧力がかかると、お肌を痛める原因になります。

また、量が多すぎると、成分が丸まって固まりやすくなります。
多い目に使って余ってしまった場合はティッシュなどで抑えて取ると良いでしょう。

3:浸透させる時間

時短だから!という理由で塗布してすぐにメイクに移ろうとする場合がありますが、これはNGです。

時短とは多機能を1つにしたという意味で、必ずしも浸透時間を時短できるわけではありません。

ポロポロが出ちゃった時の対処法<

毎日の事なので、何かのタイミングでポロポロって出てしまう事ありますよね。

でも、原因が分かった今なら慌てる事はありません。優しく取り去れば問題ないのです。

おススメの方法は、ティッシュをお顔に優しく乗せて、両手で押さえます。そしてパックをはがすように取り去れば簡単に落ち着きます。

それでもダメという人は、一度水でお顔を洗いましょう。お顔の温度が下がれば、発汗が落ち着きケアしやすくなります。

そしてもう1度少量をお顔に塗って仕上げても、馴染みやすくなりますよ。

時短コスメの強い味方、オールインワン化粧品の魅力を知って、手早くしっかり保湿ケアできるオールインワン化粧品を楽しみましょう。